祇園祭 山鉾巡行

17日、山鉾巡行の当日は晴天でした。
泊まったお宿で、御池通に作られた観覧席の招待券をいただきました。
せっかくなら一番前で見ようと朝早くから場所取りしました・・・笑

待つこと2時間半・・・やっと一番の「長刀鉾」が見えてきました。
交差点では敷き詰めた青竹の上で方向を変える「辻回し」が行われます。
ちょうど私たちの前で稚児舞が披露されました。

普通の鉾は56人ほど乗っているそうですが、
唯一生稚児(いきちご)が乗る長刀鉾は、
稚児の家族や後見人などを加え70人ほどだそうです。

山鉾は全部で32基ですが、それぞれ特徴があります。
最も古く創建された長刀鉾は、くじ取らずの先頭を進むだけあって
さすがに装飾も素晴らしく堂々としていましたね。

巡行が終わり四条通では、長刀鉾の装飾品が外されて解体されています。
疫神など邪悪なものを祓うために巡行した山鉾を、
すぐに解体することによって清めるとするため、
巡行が終わるとすぐに解体をするそうです。

この巡行は祇園祭のほんの一部で
まだまだこれから色んな行事が続くようです。

f0149988_17242563.jpgf0149988_17243651.jpg








f0149988_17244638.jpgf0149988_1724582.jpg








f0149988_11441339.jpgf0149988_11442219.jpg








f0149988_11443198.jpgf0149988_11444179.jpg








f0149988_1725934.jpgf0149988_17251799.jpg

[PR]

by akko1786 | 2008-07-19 17:26 | こと古都