花結び

ふれあい大学、花結び教室で覚えたうさぎと淡路玉です。
淡路玉は淡路結びを丸くするんですが、この淡路結びは
基本中の基本で、祝儀袋の水引に使われています。

「結び」というのは、着物には欠かせないもので、
源氏物語や万葉集などにも「わが魂を結びとどめよ・・・」
などと「結び」が霊力をもつと信じられていたようです。
別れの際に、お互いに着せ合う衣服の「結び」の中に、
互いの愛や魂が込められ、他人は勿論のこと、
自分の手でも解かないのだそうです。
「結び」を解くことは、魂がさまよい出ることになり、
愛が消え去ることで、また、貞操を守ることでもあったようです。
別れには紐や帯を結び合い、再会を祈願したそうです。

大切な人への贈り物にリボンを結んだり、風呂敷を結んだり、
人と人の心を結んだり、そんな「結び」という言葉が大好きです。
この二つの根付もそんな気持ちを込めました・・・(*^_^*)

f0149988_22532384.jpg

[PR]

by akko1786 | 2007-12-03 22:55 | 手仕事